連載コラム


リスク解読シリーズ

JIS Q 9100規格の箇条6.計画、6.1“リスク及び機会への取組み”とありますが、
@この目的は何なのか。
Aそれは何時やるのか、具体的に B何を、 C誰が、 Dどのようにすればよいのかなど理解できない面があります。 続きを読む

航空機産業への新規参入の機会について

(1)Nadcap認証取得の調査・分析を通して、
(2)Nadcap認証取得に関する動きを など
続きを読む

リスクベースの考え方

 ISO 9001:2015度版で改正されたISO 9001に新たに全面的に採りいれられたポイントは、“リスクベースの考え方”です。
続きを読む

航空宇宙産業の
クラスターについて

 日本航空宇宙産業界では、○○クラスターとの名称で多く地域で、多くの組織が集まって活動しています。の活動とは、企業間で受注、生産活動はもちろんのこと、大学、研究機関が技術開発を・・・続きを読む

取引先のQMS運営状況の監査について考える

 航空機産業の急膨張に伴って、すでに航空機産業に参入している企業の仕事量の増大とともに従事者数も増加しております。このような仕事の繁忙の中で、生産量、納期と品質のはざまで品質確認あるいは記録が・・・・続きを読む

特殊工程と
Nadcap認証について

 現在、航空機製造の特殊工程管理について、Nadcapシステム構築と認証取得について話題が上らないことはない状況です。航空機に対する「特殊工程管理要求」の歴史から紐解いてみたいと思います。続きを読む

航空法関連規則と
事業場の認定

@民間航空機に関する法体系、特に航空法、航空法施行規則、サーキュラー等の関連規則について、Aそれらの関連規制から呼び出され、製造企業にとって関係する「事業場の認定」についての情報を概説します。続きを読む

不適合と是正処置と
なぜなぜ分析

セミナーにおいての説明で、“不適合1件1件について是正処置を必要とはしないし現実的ではない”と説明すると、時々反論があります。無理もないことです。品質管理、信頼性管理では完全というのはないという前提で・・続きを読む

一貫生産について

航空機産業における「一貫生産」の連載解説の初回にあたり、今まで主流であった「工程別生産」の実態、「一貫生産」への移行の背景及び狙いを説明します。

続きを読む

JISQ9100内部監査を
考える

日本で内部監査の実施が大々的に採り上げられたのはISO9001,ISO14001の普及によるところが大きいと思います。それは、規格が「内部監査」の実施を要求しており・・・続きを読む