新年あけましておめでとうございます。
旧年は,皆々様においてJIS Q 9100:2016更新審査対応も完了されて,新たなQMS活動に展開されていることと思います。
旧年は,一昨年からの“検査データの改ざん”等,高品質を謳ってきました日本製造業界の不正問題に明け暮れたのは残念でした。本年は,多くの明るい話題に埋め尽くされることを望んでおります。

弊社は,航空宇宙産業におけるQMSに関して,2000年12月に日本航空宇宙工業会から審査登録制度立ち上げ支援要請があり,JAQGの関係者と調整と準備を重ねて,2001年5月に日本航空宇宙工業会主催による第1回航空宇宙品質システム審査員研修の開催にこぎつけました。

2002年以降一貫して,企業様のJIS Q 9100 QMS構築・認証取得支援,内部監査員養成セミナーを中心にして,特殊工程のNadcap認証取得支援等を行ってきました。JIS Q 9100認証取得支援企業様は,200事業所様以上,内部監査員養成へのご参加は10,000人以上(公開・出張セミナー)に達しております。今後も皆様のご期待に応えるよう社員一同研鑽してまいります。

本年の活動につきましては,下記のとおりです。

1.JIS Q 9100関係
1.1 JIS Q 9100認証取得支援

1.2 セミナー
(1)規格解説セミナー(公開/出張)
(2)内部監査員養成セミナー(公開/出張)
(3)内部監査員ブラッシュアップセミナー(公開/出張)
(4)リスクマネジメントセミナー(運用を含む・公開/出張)
(5)是正処置/ヒューマンエラー防止セミナー(公開/出張)
(6)製品安全/模倣品防止/コンプライアンスセミナー(公開)
(7)経営に役立つQCD改善(公開)

新しいセミナーにも挑戦していくべく計画しております。

2.Nadcap関係
(1)認証取得支援(各Scope)
(2)認証取得審査時の通訳
(3)品質マニュアル,規定,手順書等の英訳・和訳,短納納入
(4)ショットピーニングセミナー

本年も,旧年にも益してご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。