本セミナーでは、製造メーカにおける最重要項目である
品質(Quality)と、コスト(Cost)・納期(Delivery)を含めた要求に対して、
会社全体としてどのように対処するかを考え、勉強するものです。

第1章:製造メーカにおいて、「仕事の基本」とは何かを理解し、ある「流動数曲線」を
    使った仕事量の見える化等について解説し、演習を通して「流動数曲線」の使い方を
    理解します。
第2章:「品質改善の進め方」として、上流工程での品質の作り込みの重要性やQC七つ道具を
    使った管理や不適合の真因や根本原因・背後要因をどのように考えていくかを解説します。
第3章:「統計的品質管理」として、ばらつきや工程能力(Cp、Cpk)の考え方、信頼性技術の
    基本について解説します。
第4章:JIS Q 9100マネジメントシステムの基本となる箇条8.5(製造)に焦点を当てて解説します。
第5章:「作業改善とコストダウン」として、作業改善の着眼点や進め方について演習を交えて
    解説します。
第6章:「生産管理(納期管理)の改善」として、生産管理の目的や効率化の進め方、
    生産の基本13箇条等を解説し、演習を通して
    体験してもらいます。

経営に役立つQCD改善セミナー
2019年4月8日(月)~9日(火) 神戸開催
お申し込みはこちらから>>