1.製品安全
・ハザード(hazard)評価、安全クリティカルアイテムの管理は、何をするのか
・製品安全に対する自らの貢献とは、どのように考え対応すればよいか 等
2.模倣品の防止
・模倣品とは、どのような製品で発生しているのか
・模倣品と枯渇品の関係と枯渇品への対応
・模倣品や模倣品の疑いのある製品の見分け方
・支給品への対応 等
3.コンプライアンス
・SJCA 9068A「強固なQMS構築のためのJIS Q 9100補足事項」の解説
・検査証明書と検査記録の関係
・検査データの改ざんは、どのような製品で発生しているのか、その見分け方
・検査データの改善の原因、対策 等